« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

ふきのとう

ふきのとうは
ある時
すっと
姿をあらわす
春の長老さ
春の仙人さ
ほろ苦い話を
さらっと
伝える
春風のように

| | コメント (11) | トラックバック (0)

ブーメラン

春のブーメランが
戻ってきたよ
いろんな思い出とともに
新しいわたしをのせて
桜の空を飛んでいこう

夏のブーメランが
戻ってきたよ
焼け付く日差しとともに
緑の香りと
潮の香りを
まき散らして
飛んでいこう

秋のブーメランが
戻ってきたよ
黄金の調べを奏でて
ヒラヒラ舞い散る
葉っぱのダンス
夢の深みを
飛んでいこう

冬のブーメランが
戻ってきたよ
白銀の時が
思い出を埋め尽くす
新しく生まれ変わる時と
一緒に
飛んでいこう

そんなブーメランが
あなたに届いたら
返事を下さい
どこまでも
一緒に行こうって

| | コメント (11) | トラックバック (0)

鳥・鳥・鳥のカーニバル

ラテンな朝
田んぼの跡地に
集合だ
わたしは歌い手
わたしはダンサー
お日様
こっちにおいで
マンボ

気だるい昼間
力をふりしぼって
いつもの歌を
いつもの踊りを
気分はブラジル
耳をすませば
鳥・鳥・鳥のカーニバル
鳥採りとりのカーニバル

ーーーーーーーー
この時、頭の中に流れていた
ラテンのナンバーは
マンボNo5→ブラジルでしたっ☆。
ラテンって自然につながる音楽なのかなぁ…って、
(音楽はみんなそうかな?)
鳥の声ってラテンだって
思うのはわたしくらいかなぁ…(^^;。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »